ここから本文です。

支援制度

住居に関する支援制度

子育て世代マイホーム新築等助成

 町内に自ら居住する住宅を新築又は増改築、購入する子育て世代に対し、子育て環境の向上と定住を図るため、住宅を新築又は増改築、購入に要した費用の一部に助成金を交付します。
《対象》
1.住宅を新築又は増改築、購入した者で、住宅の登記上の所有者であること
2.45歳以下の者で、同一世帯に18歳以下の子が同居し、助成金の交付決定を受けて当該住宅に3年以上居住するすること
3.住宅を新築、増改築、購入に要した費用が500万円以上であること
《助成額》
1.住宅を新築又は増改築、購入に要した費用に10パーセントを乗じた額(300万円限度)
 ※1万円未満は切り捨て
2.土砂災害特別警戒区域内建築基準法施行令(昭和25年政令第338号)第80条の3に基づき、外壁又は擁壁等の構造規定を満たす施工を行った場合については、対策工事費の 2 分の 1(250万円を上限)を加算できる
 

礼文町持ち家住宅支援助成

 町内に自ら居住する住宅を取得する者に対し、安定的な居住環境の確保と町外からの移住定住を推進するため、住宅の取得に要した費用の一部に助成金を交付します。
《対象》
1.居住するための住宅を新築、増改築、購入した者で、住宅の登記簿上の所有者であること
2.住宅を新築、増改築、購入に要した費用が500万円以上であること
3.助成金の交付決定を受けて当該住宅に3年以上居住すること
《助成額》
1.住宅を新築、増改築、購入に要した費用に10パーセントを乗じた額(150万円限度)
​  ※1万円未満は切り捨て
2.新築住宅に限り、65歳以上又は高校生までの子が入居する場合は、新築した費用に10パーセントを乗じた額(100万円限度)に30万円を加算(そのいずれもが入居する場合であっても加算の額は30万円)
3.土砂災害特別警戒区域内建築基準法施行令(昭和25年政令第338号)第80条の3に基づき、外壁又は擁壁等の構造規定を満たす施工を行った場合については、対策工事費の 2 分の 1(250万円を上限)を加算できる

本文ここまで

本文ここまで

ここからフッターメニュー

TOP