ここから本文です。

ホーム >  くらし >  防災 >  礼文町国民保護計画

礼文町国民保護計画

武力攻撃や大規模テロから生命、身体、財産を守るために


 礼文町では、国民保護法に基づき、平成19年3月「礼文町国民保護計画」を策定しました。この計画は、武力攻撃などを受けた場合に、国・道・市町村及び関係機関が連携して住民の生命・身体・財産を守り、生活の安定を確保するための町の役割を定めたものです。
 

●国民保護法とは?


​ 国民保護とは、私たちの国が外部から武力攻撃を受けたり、国内で大規模なテロが発生した場合に、国や道、市町村などが、国民の協力を得ながら相互に連携協力し、国民を保護する仕組みをいいます。
​ 「武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律(略称=国民保護法)」は、平成16年6月に公布され、同年9月に施行されました。
 武力攻撃事態等における国、地方公共団体等の責務、国民の協力その他の必要な事項を定めることにより、国全体として万全な体制を整備し、国民の保護のための措置を的確かつ迅速に実施することを目的としています。
 

●国民保護計画とは


​ 国民保護計画は、国民保護法に基づき、武力攻撃事態、大規模テロから国民の生命、身体及び財産を守るため、国民の避難、救援、武力攻撃事態等に伴う被害を最小化する等の対策を的確かつ迅速に実施することを目的に、全市町村が策定することとなっています。

●国民保護計画が想定する事態

 
 武力攻撃事態
​ ゲリラや特殊部隊による攻撃、弾道ミサイル攻撃、着上陸侵攻、航空攻撃など
 
​ 緊急対処事態
 ・石油コンビナート、可燃性ガス貯蔵施設などの爆破
 ・大規模集客施設、ターミナル駅などの爆破
​ ・放射能爆弾の使用、化学剤または生物剤などの大量散布
​ ・航空機による多数の死傷者を伴う自爆テロ など
 

●弾道ミサイル落下時の行動等について

 
​ 弾道ミサイルは、発射から極めて短時間で着弾します。
 ミサイルが日本に落下する可能性がある場合は、Jアラート(全国瞬時警報システム)を活用して、IP告知放送・屋外拡声器で特別なサイレン音とともにメッセージを流すほか、緊急速報メール等により、緊急情報をお知らせします。
 メッセージが流れたら、次のとおり落ち着いて行動してください。
【屋外にいる場合】近くのできるだけ頑丈な建物や地下などに避難する。
【建物がない場合】物陰に身を隠すか、地面に伏せて頭部を守る
【屋内にいる場合】窓から離れるか、窓のない部屋に移動する
 ※詳細については、国民保護ポータルサイトをご覧ください。
 
●国民保護ポータルサイト
●関連書類

 
Get Acrobat Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、"Get Adobe Reader"アイコンをクリックしAdobe Readerをインストールの上ご参照ください。
ページの先頭へ戻る