ここから本文です。

ホーム >  くらし >  防災 >  礼文町強靭化計画を策定しました

礼文町強靭化計画を策定しました

 平成25年12月に「強くしなやかな国民生活の実現を図るための防災・減災等に資する国土強靭化基本法」が制定・交付され、大規模自然災害等に備えた国土の全域にわたる強靭な国づくりに向けて、国土強靭化に関する施策を総合的かつ計画的に推進することが定められました。
 本町におきましても、近年みられる台風や集中豪雨の多発化、地震等による災害発生リスクの高まりから、大規模自然災害等に平時から備え、「強さ」と「しなやかさ」を持った安全・安心な国土・地域・経済社会を構築していくため、本町の国土強靭化に関する施策を総合的かつ計画的に推進するための指針となる、「礼文町強靭化計画」を策定しました。
 この計画を基本とし、国土強靭化に関する施策を推進し、大規模自然災害等が発生しても最悪の事態に至らぬよう、強靭なまちづくりに取り組んでいきます。
 

国土強靭化とは

​ 国土強靭化とは、自然災害が発生するたびに長期間をかけて復旧・復興を図るといった事後対策の繰り返しを避け、事前防災・減災等の対策をあらかじめ総合的かつ計画的に推進することにより、いかなる災害が発生しようとも被害が致命的なものにならずに迅速に回復する強靭な地域を作り上げていくことです。
​【強靭】:●災害により致命的な被害を負わない
​                    「強さ」
     ●速やかに回復する「しなやかさ」
 

​1 計画の目的

​ 本計画は、町民の生活及び経済に甚大な影響を及ぼす大規模自然災害等が発生しても、尊い人命の保護が最大限図られ、様々な重要な機能が機能不全に陥ることなく、迅速な復旧・復興が可能となるよう、平時から「事前防災」及び「減災」に取り組むとともに、施策を総合的に実施して強靭な地域づくりを推進することを目的としています。
 

​2 計画の位置付け

 本計画は、強くしなやかな国民生活の実現を図るための防災・減災等に資する国土強靭化基本第13条に基づき、国土強靭化に資する施策の総合的かつ計画的な促進を図るための基本的な計画として、「国土強靭化基本計画」及び「北海道強靭化計画」を指針とし、調和を保ちつつ策定するものです。また、本町の「第6次礼文町まちづくり総合計画」のもと、「礼文町地域防災計画」と密接に連携して策定するほか、本町における各施策分野での部門別計画等とも整合及び連携する計画としています。
 

​3 計画期間及び見直し

​ 本計画の期間は、令和2年度から令和6年度までの5年間とし、「礼文町地域防災計画」の見直しをはじめ、各施策の進捗や災害事象への調査研究、技術開発等の最新の知見、社会経済情勢の変化、関連する部門別計画の見直し等を踏まえ、それらと整合を図りながら不断の見直しを行います。
 

​4 基本目標

​ 本町が強靭化を推進する上での基本目標は、「国土強靭化基本計画」や「北海道強靭化計画」と整合した目標とし、いかなる災害等が発生しようとも国土の強靭化を図るため関連施策の推進に努めます。
​ 1.人命の保護が最大限図られること
​ 2.町及び重要な機能が致命的な障害を受けず
         維持されること
​ 3.町民の財産及び公共施設に係る被害を最小
​         限にすること
 4.迅速な復旧復興がなされること


添付資料
 pdf 〇礼文町強靭化計画(令和2年12月策定) (1.4MB)
  pdf 〇礼文町強靭化計画【概要版】 (321.4KB)


 
Get Acrobat Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、"Get Adobe Reader"アイコンをクリックしAdobe Readerをインストールの上ご参照ください。
ページの先頭へ戻る