ここから本文です。

ホーム >  行政情報 >  広報 >  オープンデータの取り組みを開始しました

オープンデータの取り組みを開始しました


オープンデータとは?
 「オープンデータ」とは、行政機関等が保有する公共データを機械判読に適したデータ形式で、かつ誰もが二次利用を可能とするルールによって公開されたデータのことです。
 インターネットの普及、端末の能力向上などにより、ユーザーが容易に大量のデータを扱えるようになり、その中で自治体等が保有する公共データの利活用により地域活性化等への期待が高まっています。

 
取り組み内容
 本町においては、政府CIOポータルにて推奨データセットに位置付けられている情報をオープンデータ化していくこととしました。
 なお、企業や住民の方から要望の多い情報については、随時オープンデータ化を進めていきたいと考えています。

 
取り組みを進める目的
 本取り組みを推進するのは、本町が保有する情報は町民共有の財産であるという認識のもと、町が保有している公開可能な情報をオープンデータ化していき、効率的な行政サービスや地域経済の活性化を目指していくためです。

 
オープンデータの掲載先
 礼文町が保有するデータのうち、公開できるものから下記「北海道オープンデータプラットフォーム」にて公開しています。

 
【北海道オープンデータプラットフォーム(外部サイト)】




 
免責事項
 
 掲載コンテンツには、万全を期しておりますが、その内容の正確性及び安全性、データの完全性は保証しませんので、利用者の責任においてご利用願います。
 掲載されている情報によって被った損害、損失に対して一切の責任は負いませんので、あらかじめご了承ください。
 なお、誤植や不完全な記述等を発見した場合は、内容充実及び向上のため、ぜひ情報提供にご協力ください。
 
ページの先頭へ戻る