ここから本文です。

ホーム >  行政情報 >  地域おこし協力隊 >  地域おこし協力隊員(移住・交流促進に関する活動)1名募集

地域おこし協力隊員(移住・交流促進に関する活動)1名募集

地域おこし協力隊員(移住・交流促進に関する活動)1名募集

礼文町では、次のとおり「地域おこし協力隊(移住・交流促進に関する活動)」1名を募集します。
 
仕事内容 移住・交流促進に関すること
 地域の人材不足という課題解決に向け、地域住民や各関係団体等との連携を図り、礼文町で就労体験を希望する町外の方に対し、就労体験のサポート業務を行うとともに、広く礼文島の魅力をPRし、移住定住の促進と交流人口の拡大を目的に次の活動を行います。
(1)就労体験事業(島内での就労生活)に関する業務
 ・就労体験者用宿泊施設(ふるさと応援体験道場)の管理運営
 ・就労体験メニューの企画提案
 ・就労体験業者の斡旋
 ・PR活動の企画提案
(2)その他、地域おこしに必要とされる活動
募集対象 ○年齢は22歳以上40歳以下の方。(採用時)
○普通自動車運転免許を取得している方。(AT限定も可)
○パソコン(ワード、エクセル)、インターネットの一般的な操作ができる方。
○活動内容を積極的に企画、提案、実行できる方。
○地域活性化のため礼文町の魅力を掘り起こし、町内外に情報発信していく業務に意欲のある方。
○心身ともに健康で、地域住民とともに地域活性化に関する活動に積極的に取り組むことができる方。
○申込み時点で、3大都市圏または地方都市等(過疎法に定める過疎地域以外)に在住し、採用後に礼文町内に住民票を異動し居住していただける方。
○地域おこし協力隊としての活動期間終了後も、礼文町内において定住し、就業・起業しようと意欲を持っている方。
○地方公務員法第16条に規定する欠格事項に該当しない方。
募集人数 1名
勤務地 礼文町内(常勤場所は、ふるさと応援体験道場)
勤務時間 原則として、月曜日から金曜日の8時30分~17時15分
時間外・休日勤務のある場合は代休措置します。
雇用形態 町の委嘱を受け、臨時職員として活動していただきます。
期間は、委嘱の日(平成31年4月1日予定)から平成32年3月31日まで
(ただし、双方の意思により1年毎に更新することが可能であり、最長で3年間まで延長が可能)
給与賃金等 1年目、月額180,000円(社会保険料等が控除されます)
2年目、月額190,000円(社会保険料等が控除されます)
3年目、月額200,000円(社会保険料等が控除されます)
待遇
福利厚生
○社会保険、雇用保険に加入します。
○採用初年度には10日間の有給休暇を付与します。
○活動期間中の住居は町で用意します(規定の住宅料を徴収します)が、必要最小限の生活備品については個人で調達願います。
○自家用車を所有する場合は、通勤に使用する場合もありますので、その場合は燃料代を一部補助します。
申込受付 平成30年12月19日~平成31年2月25日
選考方法 ○応募用紙に履歴書を添付し、郵送してください。
〔第1次〕書類選考の上、応募者全員に結果通知
〔第2次〕必要に応じ面接により決定
備考 募集に関する質問は、下記担当までお知らせください。
(電話、FAX、メールいずれも可)
担当者連絡先 〒097-1201
北海道礼文郡礼文町大字香深村字トンナイ558番地の5
礼文町役場 総務課 地域おこし協力隊担当 (竹中)
電話:0163-86-1001/FAX:0163-86-1007
メール:kikaku2@town.rebun.hokkaido.jp

□申込用紙は、pdf こちら (108.7KB)です。(word版はdocx こちら (20.4KB))
 
Get Acrobat Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、"Get Adobe Reader"アイコンをクリックしAdobe Readerをインストールの上ご参照ください。
ページの先頭へ戻る